見出し画像

簿記やデジタルのリスキリングにより正職員へ登用された職員が新聞で紹介されました!

note運営担当者です。
いつもnoteの記事をお読みいただきありがとうございます。

テクニカル・コンピテンシー・センター(TCC)でテクニカルスペシャリストとして活躍するT.Honjiが、2023年9月25日付の産経新聞朝刊の1面から続く「民主主義の形」で紹介されました!

以下、媒体社の許可を得て、Honjiを取り上げていただいた部分を掲載します。
ーーーーーーーーーーーーーーー
 日本有数のオフィス街の東京・大手町。真新しい高層ビルにあるオフィスの眼下には皇居の緑が広がっている。「あのとき一歩を踏み出せてよかった」。監査法人PwC Japan監査法人の子会社で、会計士とともに会計監査のデジタル化業務にあたるT.Honjiはそう語る。
 都心の一等地で働くHonjiだが、もともとは百貨店や銀行などで非正規の職を転々としてきた。与えられた業務をこなす日々。時給も東京都の最低賃金に程近い1200円程度。何よりも非正規だからと周囲に気を使われている自分が「情けなく、自分を変えたい」と思うようになった。
 そんな時に知ったのがPwCの採用募集だった。契約社員の募集だが、正社員登用の可能性があることが決め手となった。入社後は同社の制度を使い、簿記やデジタル分野のリスキリング(学び直し)を実行。約4年前には目標だった正社員に登用された。
 生活も安定し、徳島県の両親に仕送りも始めた。自身の性格も積極的になったといい「30歳を超えても人は成長できるんですね」と笑う。
 リスキリングにより、非正規から正規へー。Honjiのような好事例を増やすことは、岸田文雄政権の看板政策「新しい資本主義」の実現、ひいては健全な民主主義にとっても重要な取り組みだ。
ーーーーーーーーーーーーーーー
電子版のリンクはこちら(有料プラン記事)。

Honjiが所属するTCCでは、効率的かつ効果的な監査を実現するため、テクノロジーを活用して業務プロセスの改善および業務の標準化に取り組んでいます。
TCCは監査経験のある公認会計士、テクノロジースキルと基本的な会計に関する資格や監査経験を有するテクニカルスペシャリスト、基礎的な会計スキルを有するアシュアランスアシスタントで構成されます。
メンバーは監査計画の策定段階から関与し、監査チームと密なコミュニケーションを取りながら被監査会社への理解を深めたうえで、標準的な監査手続きを実施することにより、高品質かつ効率的な監査を実現します。

TCCをリードする、パートナーの尻引善博のコメントです。

「TCCは2018年7月に設置された若い組織で、デリバリーモデル変革を行いながら会計スキルとデジタルスキルを有する人財の育成に力を入れてきました。Honjiさんは未経験ながら、入所以降身に付けたスキルと多様な経験により大きく成長したモデルケースの1人として活躍しています。今後も、このような人財をより多く輩出していけるよう、人財育成をさらに強化し、拡大していきたいと考えています」

<関連リンク>

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!